喪服をAmazon(アマゾン)で購入!!激安で即日配達の神対応。

喪服

馬小屋の運営者はアラサーで、身の回りに亡くなりそうな人もいませんでした。
そんな私に突然の訃報。仲の良かった知人が亡くなってしまいました。(40代)

通夜や告別式には参加したかったのですが、所有しているスーツはストライプ柄のグレーがかったものしかなく、通夜ならまだしも告別式に参列するには非常識な為、喪服なるものを人生初購入を決意しました。

馬小屋
最後に葬式に出たのは確か5歳の時に祖父が亡くなった時だわ。

幸いにも家の近くにAOKIがあったので見に行ってみると安くても40,000円。『喪服って高けぇぇ。』と思いつつAmazon(アマゾン)で『喪服』と調べてみた。

なんとAmazon(アマゾン)で喪服が売ってる、しかも10,800円と激安でスーツ専門店の1/4の価格。

馬小屋
AOKIに行く前にAmazonで調べれば良かった。

通夜・告別式は幸いにも3日後、まだ時間が合ったのでAmazon(アマゾン)で人生初の喪服を購入するコトに。

Amazon(アマゾン)で喪服の注文から発送、到着まで。

喪服を注文してから到着までの日にち

通夜・告別式の日までに喪服が到着しなければ意味がないという事で、注文から到着するまでどの程度日数がかかるのかを調査。

私の場合、商品によっては注文した当日、または翌日に届くAmazon プライムというサービスに加入していたので喪服も翌日配達の対象となっており、通夜・告別式まで3日もあったので全然間に合う配送スケジュールだったので安心して注文。

馬小屋
もし明日、通夜がある場合でも翌日の午前中に配送と言う神のような配達もしてくれるので自分の住んでる地域が当日、または翌日配送の対象か調べてみよう。

安心してAmazon(アマゾン)でポチると予定通り、翌日の指定した時間に喪服が到着していた。さすがAmazon(アマゾン)。

注文から発送
ダンボールがかなり大きいので宅配ボックスの小さなマンションの場合持ち帰られてしまう場合があるので注意。

喪服の品質について

ボクがアマゾンで購入した喪服は『(メイシン)meisin オールシーズン 2つボタン シングルフォーマル アジャスター付 メンズ ブラックスーツ 喪服 礼服』という商品。

サイズ感について

Amazon(アマゾン)のレビューをみると『自分とジャストサイズのスーツはやや小さいのでワンサイズ大きいサイズを購入すると良い』とレビューされている。

馬小屋
こうゆうレビューはごっつい参考になるわぁ。

しかし!!!私はこのレビューを鵜呑みにしてワンサイズ大きい喪服を購入してみると明らかに超オーバーサイズ。

幸いにも返品が送料を含め無料なので、オーバーサイズのものは速攻で返品し別途ジャストサイズの喪服を注文し、またも翌日に届けてくれると言う神対応。

返品

改めて注文した自分の肩幅や袖丈に合わせた喪服はサイズ感ピッタリ!!この商品については購入者のレビューよりも製品情報を信じれば良かった。

馬小屋
心配ならオーバーサイズとジャストサイズの喪服を2つ同時に注文して1つを返品するという荒技を使うのもあり。

梱包について

大きなAmazon(アマゾン)専用のダンボールにスーツカバーに包まれた喪服が梱包されています。

梱包

割れ物でもなんでもないので緩衝材などもなくシンプルな梱包。

品質について

普段スーツを着ないボクからすれば非常に満足な品質。私が購入したのはやや細身のY6サイズ。

ジャケット

まずはジャケット、着心地もよく喪服なので当然柄なし。黒さはややグレーがかってますが、言われても気づかないレベル。

内ポケットもついており、お香典袋がピッタリ入るサイズ。通夜や告別式には手ぶらで参加する事が多い男性には嬉しい。

ジャケット

続いてはパンツ。ジャケット同様にややグレーですがほとんど分からないくらい十分な黒さがあります。

パンツ
豚小屋
太陽光を直に浴びてるのでかなりグレーに写ってますが、実際はしっかり黒いのでご安心を。

生地は薄いですが、真夏の通夜・告別式に参列したので当然超暑い。冬は寒いでしょうが、ほとんど着ることがないので冬用の喪服をわざわざ購入するつもりはなくボクはコートを着て対応予定。

裾上げは必須なので、一緒に裾上げテープを購入したりお直しをお店でしてもらいましょう。

喪服以外に用意するもの

喪服が手に入って安心するのはまだ早いです。そのほかにも揃えておかなくてはいけない物が何点かあるのでおさらいしておきましょう。

ワイシャツ

ボクのような普段スーツを着ない人は真っ白な冠婚葬祭用のワイシャツって持ってない人がほとんどではないでしょうか。

真っ白なワイシャツはどこでも買えますが、AOKIで見たら3,000円位しますが、Amazonは約1,000円。助かりますね。

黒いネクタイ

通夜や告別式は柄のないシンプルな真っ黒のネクタイは必須です。

香典袋

100円均一でも売ってますが、わざわざ香典袋を買いに行くのが面倒なら喪服と一緒にAmazonで購入しちゃいましょう。

黒い靴

ビジネス用の真っ黒な靴を持っていなければ合わせて購入しておきましょう。

黒い靴下

喪服と黒い靴の間からチラッと覗くソックスは、黒以外の色だとかなり目立つので喪服と靴に合わせて黒色の靴下を準備しておきましょう。

死は突然訪れるもの

今回亡くなった友人は前日の夜にFacebookで『合コンなう』と冗談で投稿するような49歳のおっさんでした。陽気で人柄は悪かったけどとても優しい方で、今でも亡くなったなんて信じられません。

そのくらい死って突然やってくるもの。この記事が通夜や告別式ビギナーの方達の役に立てれば幸いです。

喪服